中性脂肪

コレステロールと中性脂肪の違いは何?

コレステロールも中性脂肪も、増加すると身体に悪影響を及ぼすということは、広く知られていますが、はっきりとした違いをご存知でしょうか?

コレステロールと中性脂肪は、どちらも私たちの体内に存在する脂質です。その他に私たちの体内には、「リン酸」と「遊離脂肪酸」の2つの脂質があり、全部で4種類の脂質が存在しています。
コレステロールも中性脂肪も、体内での蓄積が過剰になると動脈硬化を加速させる原因となりますが、生きていくうえで一定量は必要な大切な成分です。

コレステロールは、体内の細胞膜やホルモンの「原料」として使われます。
私たち人間の身体は全て細胞でできており、その細胞の数はおよそ60兆個とも言われています。これら細胞は「細胞膜」と呼ばれる膜で覆われていますが、コレステロールはその細胞膜を作る働きがあります。
その他、コレステロールは「胆汁酸」や「ホルモン」の原料となります。

一方、中性脂肪は、万が一、身体が危機的状況に陥った時のために備えて、蓄えられている「エネルギー」です。
これと同じような働きをする脂質が「遊離脂肪酸」です。私たちの身体は、まず遊離脂肪酸をエネルギーとして使い、遊離脂肪酸が不足した時に使われるのが中性脂肪です。
つまり、中性脂肪はすぐには使われないエネルギーということです。

このように、働きは全く異なるコレステロールと中性脂肪ですが、両者には深い関わりがあります。
コレステロールには、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2種類があります。
悪玉コレステロールは、肝臓から血管を通し、細胞にコレステロールを運ぶ役割を果たしていますが、血管内のコレステロールの量が増加すると血管壁の内膜に蓄積してしまいます。
一方の善玉コレステロールには、過剰になった悪玉コレステロールを回収する働きがあります。
つまり、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす必要があるのですが、中性脂肪が増えすぎると、悪玉コレステロールが増加してしまい、反対に、善玉コレステロールが減ってしまうのです。このことが動脈硬化を進行させる原因となります。

動脈硬化に自覚症状はありませんが、重症化すれば心筋梗塞、脳梗塞など命を左右する病気を引き起こす可能性が高まるため、コレステロール値や中性脂肪値が高い方は生活習慣を改善することが何よりも重要です。